「こんやいっしょに月をみよう」について

作品の詳細について追加します。作品の概要については以前コチラに書きました。

会社の仕事とは違い、何から何まですべて自分一人の力で回しているので、気が回らなくて詳細の説明が今頃になってしまいました(以上言い訳。)

個展の展示風景です。こちら、11月11日のイベント終了後に撤去しました。錆なので、ちょっと食品を扱う場所には不適切だと思い、早めに撤去して、今は藍染の作品になっています。(写真は一番下に載せます。)

この作品の下の方はレーザー加工してあって、業者さんにカットして頂いたのですが、山の稜線に紛れてあるシルエットが切られています。さて何でしょう~?

うさぎさん。

猫の親子

こちらにもミミズクさん。

横を向くうさぎさん。ネズミか?

要するに人間と地球に住む仲間達である動物も一緒に月を見ているのです。

カマキリとか蛾なんかも登場させてもよかったかな。ちいさく。。

そして、新しく、今はこちらの作品が展示されています。美味しそうなパンと一緒に~(会期中に懐かしい仲間と個展おめでとうパーティをしたのでした!皆様、来てくれてありがとうございました!)

Recent Posts

Emiko ISHIDA